Mathilda's monologue

Kitchen Moviegoreの独り言

*観ながらレビュー『あなたの番です』第1〜3話 〜自分が殺される番じゃなく、誰かを殺さなければいけない番〜

f:id:Mathilda_1994:20190829164120j:plain

原田知世×田中圭

今さら感満載だが、『あなたの番です』を観た。

Huluの邦画ドラマが賑わっているようだから、ついつい観てしまった。

 

実は2日前に『わたし旦那をシェアしてた』を第8話まで観たのだが、ストーリーのシリアスさと出てくる人物たちのテンションの軽さのギャップに、ついていくのが大変だった。

海外ドラマしか観ていないから(TVも観ない)、久しぶりに日本のドラマを観ると新鮮だ…し、疲れる。

日本のドラマと一括りにするのはガサツすぎるが、総じて日本のドラマはアニメ感が強い。アニメ感を強く出すようにつくられているんだろう。

「SEX AND THE CITY」「デスパレートな妻たち」なんかはコメディーちっくな要素もあるが、アニメちっくな訳ではない。

この違いは後で考察してみよう。

 

いやぁ…それにしても原田知世と田中圭のカップルは、今どきのカップルの象徴だ。わたしが最近書いた記事も「年上女性をデートに誘う」についての記事だった。

 

年上の、しかも一回り上の女性はマンション購入の頭金を出してくれる。おっちょこちょいの年下男性もイラつかずに見守ってくれる。年下男性との生活は遠足の前日のようにワクワクした気持ちがずっと続くようだと言ってくれる。

金銭的にも精神的にも頼りになる。

 

とんでもない住民会議に参加した後も、何もなかったと平然を装う。

管理人が殺されても取り乱すことなく、年下男性を仕事に送り出す。

とてつもなく不自然だ。頼りになりすぎる。

 

婚姻届を出すことに躊躇している会話があったが、綺麗事を順番に重ねるような会話で現実的ではない。年の差カップルの結婚で何よりもネックになるのは子どものことだが、その話題は出てこない。

そしてもうひとつになるネックは「お金」。ドラマの中でも年上女性の方が年収が高い設定となっていて、3万のコーヒーメーカーを菜奈が黙って購入したことで翔太が拗ねる。

拗ねるだけではなく解決案も、自分の気持ちもそのやり取りはパーフェクトだった。

「気を遣って買わないでほしいわけじゃなく、買っても割り勘で払えるくらいのものを買ってほしい」「バレないように気を遣ってほしい」「バレない嘘は優しさだから」…なるほど。

これだけ会話が成り立つ男女の話を、わたしの周りでは聞いたことがない。

 

さらに、翔太が夜の営みを菜奈に断られるシーン。

「満たされない欲求を食欲に代えるから、愛されてることを見てて!」とレタスにかぶりつき、それを愛おしそうに見ていた菜奈は手を広げて翔太を受け入れる。

ほほう。

翔太は年下で、「翔と呼んでください!」と会員にお願いして断られるという恥ずかしいテンションのヤツだけど、実はかなり大人なのかもしれない。

こんな気まずい場面でも、理性は保たれて余裕のある対応だ。スポーツトレーナーは性欲強そうなのに。スポーツで発散するのではなく、食べて発散するというパフォーマンスも見事に演出している。

 

年下男性×年上女性というカップルは、なんて建設的なんだろう。

が、実はお互いが殺したいと思っていたとしても驚きもしない。

そんな怖さがあるカップルに写る。そう見たいのだろうか。

 

出てくる住人出てくる住人、みんなが怪しくて個性的、そして嫌なヤツだし印象が悪い。謎。

どんな人でもミステリアスな人に写そうと思えば謎を持ってるように作れるし、奇妙な人に写そうと思うとそう見えるように作れるのだ。

案外現実の世界でも相手に対して見たいように見ているのかもしれない。

嫌いな人を良い人に見るのは難しいけど、変わった人や奇妙な人と面白がるように見ることはできるかもしれない。

 

住民たちはみんな好き勝手やってる。周りにどう思われようが関係ない。

ドラマだとドラマティックに生きられるけど、現実に好き勝手生きるとどれほどのデメリットがあるのだろう。そもそも好き勝手に生きられるのだろうか。

海外ドラマは現実とドラマでのギャップが、そうゆう意味で少ない。

外人はみんな自己主張が強い、というのはイメージとして根底にあるからだ。

 

502号室の車いすのおばあちゃんが一番の策士で、その世話をする嫁が一番見てて耐えられないくらい可哀想だし、もどかしい。

 

さて、3話を一気に観終わった。殺された人数は3人。なかなかのハイペース。

誰かを殺さなきゃいけない番という意味の「あなたの番です」なのはわかった。

だが、殺さなきゃいけない理由が弱い。切羽詰まる感じが薄れているのが残念だ。

 

それにしても原田知世は美しい…この髪型も素敵だ。

が、この髪型

f:id:Mathilda_1994:20190829164120j:plain

年上女性×年下男性


が似合うのは原田知世だからやめておこう。